Precitec local:
Select Language:
Search
All-In-Light Fiber
製品情報 > レーザー切断 > レーザ > All-In-Light Fiber

All-In-Light – 最新のファイバーレーザシリーズ


All-In-Light – 最新のファイバーレーザシリーズ

新型All-In-Light Fiberシリーズは、お使いのレーザ切断機に適したコスト効率に優れ、高信頼性の光学ソリューションです。最大6 kWの出力と高度な切断ヘッド技術を搭載したPrecitec製新型ファイバーレーザにより、厚さ20 mmを超えるステンレス鋼やアルミニウムの窒素切断、さらには最大25 mmの軟鋼のガス切断が可能になります。

 

冷却水温度30℃まで上がっても、ファイバーレーザと切断ヘッドの両方で結露が発生しません。また、ファイバーレーザには低出力のモードがあるため、10%未満のレーザ出力での切断に加えて、レーザマーキングも行うことができます。プロセスファイバープラグ(特許取得済み)に搭載したモニタリングセンサーにより、反射光の危険からレーザ発振器を常に保護します。そのため、材料の反射率が高くても、切断時に何の制限も発生しません。ビーム品質の再現性が良いため焦点深度のばらつきが小さく、装置が変わっても切断品質が安定しています。これにより技術の移行性が確保されるため、時間のロスが減り生産性が向上します。

 

  • コンパクトで信頼性の高い光学ソリューション
  • LightCutter Motorizedとの組み合わせで最適な価格性能比
  • 運転中にレーザ装置と切断光学部品で結露の発生なし(冷却水温度は最大30℃
  • 現場で交換可能なLLKウィンドウアセンブリ
  • 常時モニタリングセンサーによる、反射光からの総合的な保護
  • 低出力モード(10%未満のレーザ出力で同一レーザ装置によるレーザマーキングと切断が可能)
  • ビーム品質の再現性により、焦点深度におけるばらつきの低減

    • 加工点でのレーザ出力:26 kW
    • ビーム品質:2.1 mm x mrad4.5 mm x mrad
    • 光ファイバーケーブルのビーム径:50 µm100 µm
    • 光ファイバーケーブル長:20 m
    • 冷却水温度:最大30℃
    • 環境温度:最大45℃
    • 最大相対湿度:85%(結露なきこと)
    データシートの要求

    エラー: Eメールアドレスが無効
    オファー作成
    担当者
    Mr. James Link
    販売

    © 2020 Precitec Group