Precitec local:
Select Language:
Search
ガラス産業
用途 > 光学測定技術 > ガラス産業

赤色、緑色、冷たい、熱いに係わらず、

 CHRocodileファミリーのセンサーで、あらゆる色彩や表面構造のガラス厚みやトポグラフィーを測定します。 投入範囲はその際、とても広範となります。 ガラス容器の壁厚測定、ディスプレイガラスやガラスパイプの厚み測定検知器には、CHRocodileセンサーは工業水準となりました。 ボトルの真円偏差、熱したクオーツチューブの厚み、あるいは完成したサンドイッチ構造の機能層間の間隔も簡単に測定することができます。 温度1700 °Cのガラスでも、センサーにはまったく問題ありません。

用途
CHRocodile M4
ガラス容器の無接触壁厚測定

ガラス容器の生産の際には、特に壁厚および真円度の無接触測定での速度が重要となります。 その最高4つまでの測定ヘッドで、CHRocodile M4 センサーは試験片の各ポジションにて、4000点/秒までの高速測定を行うことができます。  磨耗不要の高性能測定ヘッドにより、非円形物も測定できます。 測定点が 100 分の数ミリメーターのみの径であるため、ガラス内の最小不具合個所も発見できます。 事後較正は必要ありません。 センサーは、インラインではホット/コールドエンド間での高品質で堅牢な測定によって、またラボおよびオフラインモードでは最高精度によって、満足いただける製品となっています。 ガラス産業では、センサー CHRocodile M4 は周知の標準センサーです。

To the Product
© 2019 Precitec Group