Precitec local:
Select Language:
Search
マイクロ加工
用途 > レーザー切断 > マイクロ加工

微細加工


微細加工では、機械的および熱的に非常に安定した製品コンセプトが精密軸とともに用いられます。切口が10ミクロン以上のマイクロメータレベルの精度が現在の最先端技術です。代表的な用途には、医療産業用ステント等の格子構造の切断、時計産業や精密工学用の高品質ステンレス鋼、非鉄金属、セラミックス製極小マイクロメカニカル部品の切断などが挙げられます。切断ヘッドは固体レーザを用いた連続波動作、および超短パルスレンジ内のさまざまなレーザ波長に適したものでなければなりません。スポット径を最小化するには、カメラ技術を搭載することよって精密に調整を行うことができ、それに応じて光学位置決めを実現する光学設計が必要です。

推奨製品
FineCutter Systemシステム
FineCutter
  • 精密な外形および滑らかな切断面
  • 高精度の調整機構
  • 一体型カメラによる観察
  • 最大レーザパワー500 W
© 2019 Precitec Group