Precitec local:
Select Language:
Search
ロボット切断(3D)
用途 > レーザー切断 > ロボット切断(3D)

ロボット切断(3D)


複雑なワーク形状のレーザ切断には5軸またはロボットが使用されます。特に高速のロボット向けには簡単なビームガイダンスやファイバー伝送によるレーザが用いられます。ロボットの位置精度が十分でない場合や高い精度が要求される場合には、切断ヘッド自体にXY軸を搭載することが可能です。切断システムは時に困難な環境下における複雑な生産ラインの一部です。このためメンテナンスが容易で干渉の少ない切断ヘッドに対する高い要求があります。

自動車産業をはじめとするさまざまな用途で3D切断システムが採用されています。現在、ロボットを使用したレーザ切断はルーフレールやアンテナ用の開口部を作る場合など、高強度の車体部品や輪郭の加工において柔軟で生産性の高い方法とされ、固定スタンピングからフレキシブルなレーザ切断へと最新の生産方法に適用されています。

プレシテックは3D切断に最適で完璧なソリューションを提供します。コンパクトで重量を最適化したデザインにより、駆動性能および動作の自由度が向上しました。用途に応じて、内部または外部軸システムやさまざまな通信インターフェースを利用することができます。安定性や使いやすさ、保守の容易さはプレシテックに代表される高い基準を満たしています。

推奨製品
SolidCutter
SolidCutter
  • 複雑な 3D部品でも高速切断
  • Z軸内蔵
  • 最低限に抑えられた干渉アウトライン
  • スリムな構造形態
  • ハイダイナミック
  • 完全密封のデザイン
切断システム フォームカッター(FormCutter Plus)
FormCutter Plus
  • 事前プログラミングされたアウトラインを精密に切断
  • プログラミング可能な X/Y軸
  • 内蔵のZ 軸で間隔制御
  • 非常に高いトラッキング精密度
  • スタンドアローンシステムまたはロボット用途
切断ヘッド DS1.5″
切断ヘッド DS1.5″
  • ベベルカッティングおよび 3D用途に適合
  • カートリッジシステムによる迅速な焦点距離交換
  • 監視機能内蔵
切断ヘッド YK52
切断ヘッド YK52
  • 薄型メタルプレートの切断
  • 大きなビーム径用
  • 小さな測定スポット
© 2019 Precitec Group